m.

USビルボードチャートとオリコンチャートの年間TOP10アルバムのレビュー。独断と偏見で評価していますので、 もしかしたらご意見があるかもしれないけど、 大目に見てあげて下さい。あくまで素人評価ですので。

『TOP OF THE POPS』桑田佳祐(2002年)

TOP OF THE POPS桑田佳祐(2002年)

f:id:toytoyPP:20190614220824j:plain

2003オリコン年間チャート4

[Disc 1]
01. 波乗りジョニー
02. 黄昏のサマー・ホリデイ
03. 白い恋人達
04. 踊ろよベイビー1962
05. 月
06. 哀しみのプリズナ
07. Blue ~こんな夜には踊れない
08. 悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
09. JOURNEY
10. 飛べないモスキート (MOSQUITO)
11. 真夜中のダンディー
12. 可愛いミーナ
13. 素敵な未来を見て欲しい
[Disc 2]
01. MERRY X'MAS IN SUMMER
02. BAN BAN BAN
03. スキップ・ビート (SKIPPED BEAT)
04. ONE DAY
05. 鏡
06. いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)
07. 遠い街角 (The wanderin' street)
08. 誰かの風の跡
09. クリといつまでも
10. 奇跡の地球(ほし)
11. 光の世界
12. ヨイトマケの唄 (Live at パシフィコ横浜国立大ホール)
13. 祭りのあと

 ベストアルバム。本作の 10年前リリースの1stベスト『フロム イエスタデイ』と 収録曲がKUWATA BAND、SUPER CHIMPANZEの曲も含めて被ってますが、この時点での最高のベスト。 何よりDisc1の「01. 波乗りジョニー」「03. 白い恋人達」、Disc2の「10. 奇跡の地球」「13. 祭りのあと」の初収録が嬉しかったです。 未だに本作のみの収録曲も結構あるので現在も作品として価値あるかと。 一通り聴くと サザンの曲とあまり変わらない曲が多いかもだけど、やっぱり桑田氏のソングライティングの才能は凄いと思う。 良い曲ばかりだけど、僕は特にDisc2の「03. スキップ・ビート」が好きな曲です。

 ★★★★


桑田佳祐 - 波乗りジョニー


桑田佳祐 - 白い恋人達


桑田佳祐 - 祭りのあと

 

『Speak Now』Taylor Swift(2010年)

『Speak Now』Taylor Swift(2010年)

f:id:toytoyPP:20190609215501j:plain

2011年ビルボード年間チャート2位
2010年ビルボード年間チャート9位

01. Mine
02. Sparks Fly
03. Back to December
04. Speak Now
05. Dear John
06. Mean
07. The Story of Us
08. Never Grow Up
09. Enchanted
10. Better Than Revenge
11. Innocent
12. Haunted
13. Last Kiss
14. Long Live

 3rdアルバム。 あまり印象は前作『Fearless』と変わらないかな。相変わらず同じ曲調に聞こえてしまう。本作から「01. Mine」「02. Sparks Fly」「03. Back to December」「04. Speak Now」「06. Mean」がヒット。日本にもこの頃よく来てプロモして人気が出てきた頃でした。 こう毎年大ヒットしてるのを見ると 本当に人気があるのが解る。

 ★★☆☆


Taylor Swift - Mine


Taylor Swift - Sparks Fly


Taylor Swift - Back To December


Taylor Swift - Mean


Taylor Swift - The Story Of Us

 

『How to Dismantle an Atomic Bomb』U2(2004年)

『How to Dismantle an Atomic Bomb』U2(2004年)

f:id:toytoyPP:20190609212922j:plain

2005ビルボード年間チャート8

01. Vertigo
02. Miracle Drug
03. Sometimes You Can't Make It on Your Own
04. Love and Peace or Else
05. City of Blinding Lights
06. All Because of You
07. A Man and a Woman
08. Crumbs from Your Table
09. One Step Closer
10. Original of the Species
11. Yahweh

 11thアルバム。メインプロデューサーに、彼らの初期の作品ではおなじみのSteve Lillywhiteを起用。 数曲Brian Eno & Daniel Lanois、Flood、Chris Thomas、Jacknife Leeも参加。前作『All That You Can't Leave Behind』の成功から本作も勢いにのって大ヒットしました。当時、先行シングル「01. Vertigo」が勢いがあったのでちょっと期待していたのですが、 聴いてみたらやっぱり落ち着いたロック。でも彼らの作品としては『Achtung Baby』以来の聴きやすいアルバムでした。

 ★★★☆


U2 - Vertigo


U2 - All Because Of You (Official Music Video)


U2 - Original Of The Species


U2 - Sometimes You Can't Make It On Your Own

『Afterburner』ZZ Top(1985年)

『Afterburner』ZZ Top(1985年)

f:id:toytoyPP:20190609211432j:plain

1986ビルボード年間チャート3

01. Sleeping Bag
02. Stages
03. Woke Up with Wood
04. Rough Boy
05. Can't Stop Rockin'
06. Planet of Women
07. I Got the Message
08. Velcro Fly
09. Dipping Low (In the Lap of Luxury)
10. Delirious

 9thアルバム。 前作『Eliminator』よりもシンセサウンドが進化してます。ちょっと音に時代を感じるけど、楽曲が良いのであまり気にならない。ノリの良い曲も良いけど、バラードも良いですね。本作から「01. Sleeping Bag」がヒットしましたが、「02. Stages」「04. Rough Boy」もお気に入り。

 ★★★★


ZZ Top - Sleeping Bag (Official Music Video)


ZZ Top - Stages (Official Music Video)


ZZ Top - Rough Boy (Official Music Video)


ZZ Top - Velcro Fly (Official Music Video)

 

『Starboy』The Weeknd(2016年)

『Starboy』The Weeknd(2016年)

f:id:toytoyPP:20190609004950j:plain

2017ビルボード年間チャート3

01. Starboy
02. Party Monster
03. False Alarm
04. Reminder
05. Rockin'
06. Secrets
07. True Colors
08. Stargirl Interlude
09. Sidewalks
10. Six Feet Under
11. Love to Lay
12. A Lonely Night
13. Attention
14. Ordinary Life
15. Nothing Without You
16. All I Know
17. Die for You
18. I Feel It Coming

 3rdアルバム。本作から「01. Starboy」「18. I Feel It Coming」がヒット。プロデューサーには、Doc McKinneyをメインに、Daft Punk、Benny Blanco、Diplo、Max Martin、等を迎えてます。 本作も前作『Beauty Behind the Madness』同様にダークなイメージ。このスタイルは崩さないのね。サウンドが相変わらず良いんだけど、同じテンションのままで曲数が多すぎなのが欠点かな。曲数を絞ってたらもっと良かったのに。

 ★★☆☆


The Weeknd - Starboy (official) ft. Daft Punk


The Weeknd - Party Monster


The Weeknd - Reminder


The Weeknd - Secrets


The Weeknd - I Feel It Coming ft. Daft Punk

『Beauty Behind the Madness』The Weeknd(2015年)

『Beauty Behind the Madness』The Weeknd(2015年)

f:id:toytoyPP:20190609005958j:plain

2016ビルボード年間チャート10

01. Real Life
02. Losers
03. Tell Your Friends
04. Often
05. The Hills
06. Acquainted
07. Can't Feel My Face
08. Shameless
09. Earned It (Fifty Shades of Grey)
10. In the Night
11. As You Are
12. Dark Times
13. Prisoner
14. Angel

 2ndアルバム。プロディーサーは、Stephan Moccio、Mike Dean、Max Martin、Labrinth、Illangelo、等。 ゲストには、Ed Sheeranも参加。 本作から「05. The Hills」「07. Can't Feel My Face」「09. Earned It」が大ヒット。「07. Can't Feel My Face」のイメージで聴いたら意外と全体的にダークな感じでしたが、サウンドが近年にない感じで新鮮でした。 インターネット上にアップした音源から一気に成り上がったシンガーですね。

 ★★★☆


The Weeknd - Often (NSFW)


The Weeknd - The Hills


The Weeknd - Can't Feel My Face


The Weeknd - In The Night

 

『Hotel California』Eagles(1976年)

Hotel California』Eagles(1976年)

f:id:toytoyPP:20190608220417j:plain

1977年ビルボード年間チャート4位
1977年オリコン年間チャート2位

01. Hotel California
02. New Kid in Town
03. Life in the Fast Lane
04. Wasted Time
05. Wasted Time (Reprise)
06. Victim of Love
07. Pretty Maids All in a Row
08. Try and Love Again
09. Last Resort

 世界中で大ヒットした5thアルバム。日本でも大ヒットですね。Joe Walsh加入後初の作品。本作からは「01. Hotel California」「02. New Kid in Town」が大ヒット。特に バンドの代名詞になっている「01. Hotel California」は超有名ですね。他の曲が地味に感じるかもですが、名バラード「09. Last Resort」まで1枚として聴くと上手くまとまってますよ。

 ★★★★