m.

USビルボードチャートとオリコンチャートの年間TOP10アルバムのレビュー。独断と偏見で評価していますので、 もしかしたらご意見があるかもしれないけど、 大目に見てあげて下さい。あくまで素人評価ですので。

『Boston』Boston(1976年)

『Boston』Boston(1976年)

f:id:toytoyPP:20190421115806j:plain

1977ビルボード年間チャート5

01. More Than a Feeling
02. Peace of Mind
03. Foreplay/Long Time
04. Rock & Roll Band
05. Smokin'
06. Hitch a Ride
07. Something About You
08. Let Me Take You Home Tonight

 1stアルバム。邦題は『幻想飛行』。 メロディアスで聴きやすいロック。メンバーの中心人物であるTom Scholzがほとんど一人で作ったそうですが、70年代のこの時代にこのサウンドを作れたのは驚き。そう考えると色々と凄い作品。 本作からは「01. More Than a Feeling」がヒット。僕は「02. Peace of Mind」が好きな曲です。

 ★★★★

『安全地帯V』安全地帯(1986年)

『安全地帯V』安全地帯(1986年)

f:id:toytoyPP:20190417235223j:plain

1987オリコン年間チャート7

[DISC1]
01. 遠くへ
02. Miss Miss Kiss
03. パーティー
04. ふたりで踊ろう
05. シルエット
06. Friend
07. Friend(reprise)
08. チギルナイト
09. こわれるしかない
10. 不思議な夜
11. 約束
12. 想い出につつまれて
13. 記憶の森
14. どーだい
15. パレードがやってくる
16. 海と少年
17. 月の雫
18. 乱反射
19. ほゝえみ
[DISC2]
01. 今夜はYES
02. あのとき……
03. まちかど
04. 好きさ
05. 声にならない
06. 夕暮れ(Instrumental)
07. 銀色のピストル
08. 涙をとめたまま
09. 今夜ふたりで
10. いますぐに恋
11. あのMusicから
12. Jのブルース
13. 夏の終りのハーモニー
14. 天使のあくび
15. 燃えつきるまで
16. 夢になれ
17. To me

 5thアルバム。 1曲1曲は短いけど全36曲という大作。 CD2枚組ですが、アナログだと3枚組だったそう。 2枚で聴くよりも確かに3枚に分けて聴いた方がしっくりくるかも。本作でかなり新しいスタイルを出していますが、玉置氏の趣味に走ったようなマニアックな感じがする。前作『安全地帯IV』までが好きだった方にはどうですかね。どんな曲でも歌いこなしてる玉置氏は凄いと思えますけども。よく当時のレコード会社はOK出しましたね。本作の中ではアニメ『めぞん一刻』のOPテーマ「DISC2-04. 好きさ」と井上陽水氏とのデュエット「DISC2-13. 夏の終りのハーモニー」が有名かな。

 ★★☆☆

『REFLECTION』Mr.Children(2015年)

『REFLECTION』Mr.Children(2015年)

f:id:toytoyPP:20190414234305j:plain

2015オリコン年間チャート6

01. 未完
02. FIGHT CLUB
03. 斜陽
04. Melody
05. 蜘蛛の糸
06. Starting Over
07. 忘れ得ぬ人
08. Reflection
09. fantasy
10. REM
11. WALTZ
12. 進化論
13. 幻聴
14. 足音 ~Be Strong

 18thアルバム。 {Naked}、{Drip}の2形態で発売。{Naked}は初のUSB形態によるアルバムとなりこの{Naked}には全23曲が収録。9曲省いた{Drip}がCDとして発売。僕が聴いたのは後者の{Drip}です。本作ではバンドのデビュー以来初となるメンバー単独によるセルフプロデュース作品が多数収録されています。 小林武史氏との共同プロデュースによる楽曲は5曲のみ。また「07. 忘れ得ぬ人」は外部から初めて起用された森俊之氏がアレンジを担当。セルフプロデュースの影響か、以前のロックバンドのサウンドが戻った感じでした。

 ★★★☆


Mr.Children「REM」Music Video(Short ver.)


Mr.Children「足音 ~Be Strong」Music Video(Short ver.)

『CRUISE RECORD 1995-2000』globe(1999年)

『CRUISE RECORD 1995-2000』globe(1999年)

f:id:toytoyPP:20190414230139j:plain

1999オリコン年間チャート3

[DISC 1]
01. Overseas Call
02. MISS YOUR BODY - tan line mix
03. biting her nails
04. still growin' up
05. sweet heart
06. DEPARTURES
07. Anytime smokin' cigarette
08. SWEET PAIN
09. Love again
10. FREEDOM
11. TIME without tears
12. Wanderin' Destiny
13. Sa Yo Na Ra
14. Perfume of love
[DISC 2]
01. "2"
02. Can't Stop Fallin' in Love
03. RUN AWAY FROM THE NIGHT
04. Piano solo
05. FACES PLACES
06. Joy to the love
07. millennium waves
08. wanna Be A Dreammaker
09. FACE
10. interlude
11. SHOCK INSIDE MY BRAIN
12. You are the one
13. Is this love
14. Feel Like dance
15. to be continued 2000

 5thアルバム&1stベストアルバム。ベストとしてはシングルバージョンが多く収録されているので良かったけど、オリジナルアルバムとしては新曲10曲中6曲がインスト。歌のある新曲はクールなR&Bスタイルだけど地味。やっぱ初期のポップな曲の方が印象に残りますよ。特に 「Disk1-06. DEPARTURES」「Disk2-02. Can't Stop Fallin' in Love」はやっぱり名曲ですね。 この当時の小室氏はちょっと迷走気味な感じで TK時代の終わりを印象付けたアルバムでした。

 ★★★☆


globe / biting her nails

 

『MISIA GREATEST HITS』MISIA(2002年)

MISIA GREATEST HITS』MISIA(2002年)

f:id:toytoyPP:20190414011304j:plain

2002オリコン年間チャート4

01. つつみ込むように…
02. 陽のあたる場所
03. キスして抱きしめて
04. INTO THE LIGHT
05. THE GLORY DAY
06. BELIEVE
07. 忘れない日々
08. sweetness
09. It's just love
10. Escape
11. Everything
12. 果てなく続くストーリー (Live version)

 1stベストアルバム。彼女の曲はR&Bとは言っても歌謡曲っぽいメロディなので聴きやすいね。ただ初収録曲がホント数曲のシングルバージョンと「12. 果てなく続くストーリー」のライブバージョン位なので アルバムを集めてた人にはちょっと残念かな。初めて彼女の曲を聴く人には丁度良いかもしれない。

 ★★★★


MISIA - 果てなく続くストーリー

 

『ケツノポリス5』ケツメイシ(2007年)

『ケツノポリス5』ケツメイシ(2007年)

f:id:toytoyPP:20190414002804j:plain

2007オリコン年間チャート8

01. スタート
02. また君に会える
03. 歌謡い
04. 男女6人夏物語
05. サマーデイズ
06. ケツメイシ工場
07. 恋の終わりは意外と静かに
08. ハッピーバースデー
09. 夢の中
10. トレイン
11. VS
12. ライフ イズ ビューティフル
13. 旅人
14. 君色
15. さよならまたね

 5thアルバム。ヒットした「02. また君に会える」「04. 男女6人夏物語」「10. トレイン」「13. 旅人」が収録されています。ヒップホップなのかな。ポップで大衆的で聴きやすい。初期からのファンには前作『ケツノポリス4』からそういうところが賛否両論だったみたいですがアレンジが凝ってるし僕は好きです。「12. ライフ イズ ビューティフル」がなかなか良い曲ですよ。 

 ★★★☆

『君の名は。』RADWIMPS, Soundtrack(2016年)

君の名は。RADWIMPS, Soundtrack(2016年)

f:id:toytoyPP:20190413150150j:plain

2016オリコン年間チャート6

01. 夢灯籠
02. 三葉の通学
03. 糸守高校
04. はじめての、東京
05. 憧れカフェ
06. 奥寺先輩のテーマ
07. ふたりの異変
08. 前前前世 (movie ver.)
09. 御神体
10. デート
11. 秋祭り
12. 記憶を呼び起こす瀧
13. 飛騨探訪
14. 消えた町
15. 図書館
16. 旅館の夜
17. 御神体へ再び
18. 口噛み酒トリップ
19. 作戦会議
20. 町長説得
21. 三葉のテーマ
22. 見えないふたり
23. かたわれ時
24. スパークル (movie ver.)
25. デート2
26. なんでもないや (movie edit.)
27. なんでもないや (movie ver.)

 同名映画のサウンドトラック。歌が入っているのは4曲のみで、ほとんどがインスト曲。映画が大ヒットした影響で売れましたね。映画を観た後にこのサントラを聴いて楽しんだのか、それとも「08. 前前前世」目当てか。意外と「08. 前前前世」「26. 27. なんでもないや」はシングルカットされていないですが、とても有名な曲になりました。

 ★☆☆☆


前前前世 [original ver.] RADWIMPS MV


スパークル [original ver.] -Your name. Music Video edition- 予告編 from new album「人間開花」初回盤DVD