m.

USビルボードチャートとオリコンチャートの年間TOP10アルバムのレビュー。独断と偏見で評価していますので、 もしかしたらご意見があるかもしれないけど、 大目に見てあげて下さい。あくまで素人評価ですので。

『Secrets』 Toni Braxton(1996年)

『Secrets』 Toni Braxton(1996年)

f:id:toytoyPP:20181014211813j:plain

1997ビルボード年間チャート9位

01. Come On Over Here
02. You're Makin' Me High
03. There's No Me Without You
04. Un-Break My Heart
05. Talking in His Sleep
06. How Could an Angel Break My Heart
07. Find Me a Man
08. Let It Flow
09. Why Should I Care
10. I Don't Want To
11. I Love Me Some Him
12. In the Late of Night/Toni's Secrets

 2ndアルバム。 プロデューサーは、もちろんBabyfaceをメインに、 David Foster、 R Kelly、SoulShock & Karlin、Keith Crouch等。 前作『Toni Braxton』よりも洗練された落ち着いた路線で大成功。 Babyfaceによる「02. You're Makin' Me High」とDavid Foster & Diane Warrenによる「04. Un-Break My Heart」が大ヒットしましたが、他のどの曲も良いですよ。

 ★★★★


Toni Braxton - You're Makin' Me High (Video Version)


Toni Braxton - Un-Break My Heart (Video Version)


Toni Braxton - How Could An Angel Break My Heart (Stereo)


Toni Braxton - Let It Flow (Stereo)


Toni Braxton - I Don't Want To (Stereo)

『Toni Braxton』 Toni Braxton(1993年)

Toni Braxton Toni Braxton(1993年)

f:id:toytoyPP:20181014210049j:plain

1994ビルボード年間チャート7

01. Another Sad Love Song
02. Breathe Again
03. Seven Whole Days
04. Love Affair
05. Candlelight
06. Spending My Time with You
07. Love Shoulda Brought You Home
08. I Belong to You
09. How Many Ways
10. You Mean the World to Me
11. Best Friend
12. Breathe Again (Reprise)

 1stアルバム。邦題『ラブ・アフェア』。メインプロデューサーは、L.A. Reid & Babyface。本作から「01. Another Sad Love Song」「02. Breathe Again」「10. You Mean the World to Me」が全米TOP10のヒットとなりました。「07. Love Shoulda Brought You Home」「11. Best Friend」も名曲ですよ。彼女の低音ボーカルは、やっぱりBabyfaceの曲との相性が良いみたいです。

 ★★★★


Toni Braxton - Another Sad Love Song


Toni Braxton - Breathe Again (Video Version)


Toni Braxton - Seven Whole Days


Toni Braxton - Love Shoulda Brought You Home (Stereo)


Toni Braxton - You Mean The World To Me


Toni Braxton - How Many Ways (Stereo)

『FanMail』 TLC (1999年)

『FanMail』 TLC (1999年)

f:id:toytoyPP:20181014204433j:plain

1999ビルボード年間チャート10

01. Fanmail
02. The Vic-E Interpertation (interlude)
03. Silly Ho
04. Whispering Playa (interlude)
05. No Scrubs
06. I'm Good at Being Bad
07. If They Knew
08. I Miss You So Much
09. Unpretty
10. My Life
11. Shout
12. Come On Down
13. Dear Lie
14. Communicate (interlude)
15. Lovesick
16. Automatic
17. Don't Pull Out on Me Yet

 3rdアルバム。 プロデューサーは、1stからおなじみのDallas AustinBabyfaceJermaine Dupriの他、 Jam & Lewis、 Shekspreを新たに起用。本作からは「05. No Scrubs」「09. Unpretty」が大ヒットしました。メガヒットした前作『CrazySexyCool』よりも聴かせる曲が多くなってますが、要らない曲が多めなので僕としてはもう少し収録曲を絞って欲しかったかな。 Left-Eyeが事故で亡くなってしまうので3人ではこれが最後の作品。本当に個性的なグループでした。

 ★★☆


TLC - No Scrubs


TLC - Unpretty (Video Version)


TLC - Dear Lie

 

『CrazySexyCool』 TLC (1994年)

『CrazySexyCool』 TLC(1994年)

f:id:toytoyPP:20181014202550j:plain

1995ビルボード年間チャート5

01. Intro-Lude
02. Creep
03. Kick Your Game
04. Diggin' on You
05. Case of the Fake People
06. CrazySexyCool (Interlude)
07. Red Light Special
08. Waterfalls
09. Intermission-Lude
10. Let's Do It Again
11. If I Was Your Girlfriend
12. Sexy (Interlude)
13. Take Our Time
14. Can I Get a Witness (Interlude)
15. Switch
16. Sumthin' Wicked This Way Comes

 90年代最も成功したガールズグループの2ndアルバム。プロデューサーは、Dallas AustinBabyface、Organized Noize、 Sean CombsJermaine Dupriと大ヒットメイカーばかり。 デビュー時のイメージとは全く違うまさにタイトル通りの作品。 本作の中だと「02. Creep」「04. Diggin' on You」「07. Red Light Special」「08. Waterfalls」が全米TOP5のヒットとなりましたけど、特に「08. Waterfalls」が有名かな。「16. Sumthin' Wicked This Way Comes」も名曲だと思う。以降のR&Bシーンに多大な影響を与えたエポックメイキングなアルバムと言えるかも。

 ★★★★


TLC - Creep (Video Version)


TLC - Waterfalls (Video Version)


TLC - Red Light Special (Dirty Version)


TLC - Diggin' On You

 

『VALENTI』BoA(2003年)

『VALENTI』BoA(2003年)

f:id:toytoyPP:20181013171102j:plain

2003オリコン年間チャート5

01. VALENTI
02. JEWEL SONG
03. B.I.O
04. 世界の片隅で
05. 奇蹟
06. WINDING ROAD
07. Searching for truth
08. Moon & Sunrise
09. Discovery
10. flower
11. BESIDE YOU -僕を呼ぶ声-
12. Feel the same
13. No.1

 2ndアルバム。本作の中では大ヒットした「01. VALENTI」はダンスも格好良かったですね。 R&Bスタイルを基本にダンサブルな曲から バラードまで上手く歌いこなしていています。シングル曲以外も力を抜いていない。外国人らしい舌足らずな発音ですが、気になる程ではないです。日本での韓流アイドルの先駆的歌手で、彼女の場合は実力で日本の市場で売れたイメージです。

 ★★★☆


BoA 보아 'Valenti' MV


BoA - Jewel Song


BoA - 奇蹟 PV HD


BoA No.1 Music Video (Japanese Version)

『Love』 河村隆一(1997年)

『Love』 河村隆一(1997年)

f:id:toytoyPP:20181011235251j:plain

1998オリコン年間チャート4

01. I love you (Album mix)
02. 好き
03. 涙色
04. Birthday
05. Love song
06. BEAT (Album mix) 
07. 蝶々
08. Love
09. Evolution
10. 小さな星
11. Glass (Album mix)
12. でも淋しい夜は... (Live)
13. SE,TSU,NA, (Another mix)
14. Love is... (Album mix)
15. Christmas
16. Hope

 1stアルバム。LUNA SEAの彼が結構好きだったので、ソロのイメチェンぶりには当時かなり戸惑いましたが、バンド時代とは違うスタイルではあるものの楽曲の質はかなり高いと思います。大ヒットした「01. I love you」「06. BEAT」「11. Glass」「14. Love is...」のシングル以外の曲も良かったし。ただ曲数多過ぎなので曲数を絞ってくれたらもっと良かったかな。「03. 涙色」は酒井法子氏に提供した曲のセルフカバー。

 ★★★☆


【PV】 河村隆一 / I love you


【PV】 河村隆一 / Glass